TOP > 特集 > 信用取引

信用取引とは

信用取引とは簡単に言うと、
”証券会社から株を借りて、決められた期日までのその株を返す”
という取引方法です。

言ってみたらこれだけなんですが、面白いことに実はこの信用取引は
株価が下がった時に利益が出せる投資法なんです。

その辺を簡単に説明していきたいと思います。

株価が下がった時に利益が出せる

通常、株の売買で利益を得る場合は
株価が安いときに株を買って、高くなったら売る
こうすることで差額が利益(差益)になるわけです。

ではなぜ株価が下がった時に利益が出るなんて現象が起きるのか。

これは信用取引の仕組みを利用したときに発生する現象で、
簡単な例を挙げると、

1.証券会社からA社の株を100株借ります。この時のA社の株価は300円だったとします。
2.借りた株(100株)を即座に売ります。株価は300円なので手元に30,000円残ります。
3.そこから数日が過ぎて、A社の株価が250円まで下がったとします。
4.A社の株を100株買い戻します。株価は250円なので購入価格は25,000円です。
5.A社の株を貸してくれた証券会社に株を返します。
6.手元には30,000円から25,000円引いた5,000円が残ります。

とこのような感じです。株価が下がっているのに5,000円の利益が出ました。

この信用取引のいいところは、売りから入れるというところです。

通常の株取引で言うと例えば25,000円で株を買って30,000円で売る、
というような流れで利益を出すんですが、
この場合だと元手として25,000円をあらかじめ用意しておく必要があります。

対して信用取引は、株を借りて即座に売ればその時点で、
[借りた株の株価×株数]の金額が手元に残ります。

こうすることで元手がなくとも利益を出せる機会を得ることができるようになります。

これが信用取引の仕組み、メリットです。

ただし、何の担保も無しに信用取引ができるわけではありません。
基本的にあらかじめいくらかの金額を証券会社に預けておくのが前提です。
その分、預けてる金額より大きな額の株を借りることができるのです。

この預ける金額や、預けた金額の何倍の額の株を借りられるか、
返済期限はどれくらいなのかというのは証券会社によって違います。

信用取引をしたいという際はその点に注目しておくと良いでしょう。

信用取引がある証券会社の一覧はコチラ。


NISA<戻る

進む>投資信託


ランキング一覧!

証券会社ランキング!

株の基礎知識

かんたん比較!

特集

おすすめ証券会社

運営者情報プライバシーポリシー免責事項
Copyright(C) 2016 おすすめネット証券.com All Rights Reserved.
PAGE TOP↑